スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:カオス;ヘッド 第3話『接触』

 2008-10-26
何気にミステリーものとして面白いんじゃないかと思ってたり。
〈今回のあらすじ〉
・幼かった頃、楽しみだった遠足に行くなと親に言われた拓巳。
 何度も恨み言を繰り返した拓巳は、遠足に行ったバスが事故に遭ったと知る。
 奇しくもそれは、拓巳が心のどこかで期待したものと同じ光景
 心を閉ざした拓巳は、とある病院に世話になった。
・その病院に再び行って、“自作自演”の件を相談する拓巳。
 夢遊病なのではと疑う拓巳だが、そもそも優愛の言ったことが“事実”とは限らない。
 仮に正しいとしても、一睡もしていないから犯行に及んだのも覚えているはず。
 疲労のためか、気絶するように眠ってしまう拓巳。
 夢遊病らしき症状が出ないため、ひとまず経過観察ということに。
・優愛からの疑いを晴らそうとする拓巳。
 拾った死体画像を解析するうちに、一緒に写った人物が自分であると気付いてしまう。
 事件当日まで行ったことのない場所に、事件前の日付で自分まで写っている
 写真画像が事件当日のものなら、それは未来から送られたものということ・・・。
 もちろん、拓巳には予知能力は存在しない。
 予知能力を調べるうちに、拓巳はあるインディーズバンドに行き当たる。
 拓巳も目にした磔事件を予言する歌詞が、事件の2ヶ月前に発表されていた。
・作詞もしたFESというヴォーカルが、梨深と名乗る記憶にない少女だと考えた拓巳。 
 ところが、ライヴハウスで見たFESは全くの別人だった。
 彼女の手にのようなものがあると気付く拓巳。
 FESはなぜか拓巳を知っているらしかった。
 向けられるまっすぐな視線と、一直線に歩いてくるその姿。
 それは拓巳の見た幻覚だったのか・・・。
 「その目、だれの目」と、拓巳がふだん呟くものと全く同じ言葉を口にするFES。
・七海に連れまわされて買い物に行くことになった拓巳。
 ふと目に付いたのは、繁華街の中で堂々とを持ち歩く少女の姿。 
 家に戻った拓巳は、ネット上でニュージェネ第4の事件が起きたことを知る。
 オークションに流出した、事件の惨状を写した写真。
 その中に、血で書かれた文字は『その目、だれの目』。
 その言葉、言い回しは拓巳しか使わないはず・・・。



〈感想〉
そもそも、なんで遠足に行っちゃあかんのよ。
行くなと言っておいて、事故があったら「行かせなくて良かった」とは。
むしろ親の方が予知能力があったんじゃないかと(笑)
それとも、行くなと言われたこと自体が妄想だったんじゃないだろうな。
何でもかんでも「妄想でした」で辻褄あっちゃうから困りますね。

優愛の予想が事実とは限らないのは確かですね。
拓巳が死体写真を拾ったのは明らかに実際の犯行より前なわけですし。
そのへん、優愛はどう納得したんだろう。
犯行は拓巳の仕業ではなくて、画像は未来から送られたってことでいいのかな?
それはそれでさらに謎を呼ぶ展開ですが・・・。
臨場感というか、BGMが恐怖感を盛り立ててますね。
いや、単に自分がビビリなだけかもしれませんが(^^;

つーかWE-KEY PEDOPHIRIAってひどいですね。
どうみても単なる百科事典サイトとは思えない名称(笑)

事件を直接起こさないまでも、拓巳に関連があるのは間違いない様子?
あえて関連付けようとしてる気もしますけど。
恐怖感を与えるのが目的なのかなあ。
女の子が持ってる剣は本人と拓巳しか見えてないみたいですね。
アレで戦ったりするんですかね。
OPから察するに、七海も優愛も持ってるということになりますが。
剣を持ってる人は事情を知ってて、何らかの手段で拓巳と接点を持つのが狙いか。
護衛なのか監視とか刺客なのか、何とも判別は付けにくいですね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1064-3be1adef
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。