スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:鉄のラインバレル 第3話『蒼の戦慄』

 2008-10-18
浩一の教育係は誰?
〈今回のあらすじ〉
・浩一の変貌ぶりを知りつつ、以前のように穏やかな性格に戻そうとする矢島。
 矢島は、ラインバレルが墜落した神社跡で“”を見つけたと話す。
 それが浩一本人が作ったものだと知って、矢島は呆れてしまう。
 正義を名乗っておいて、街の被害は拡大する一方だと非難する矢島。
 守ってきてやった奴が強くなったから嫉妬しているんだろうと浩一は言う。
 さすがに手を挙げたくなっても、矢島は浩一には勝てない。
 せめて理沙子の気持ちだけはと、矢島は忠告するが・・・。
・手作りのお菓子を持って早瀬家を訪ねる理沙子。
 どこの誰かも知らない絵美に戸惑うばかり。
 事ある毎に対抗意識を燃やすうちに浩一が帰宅。
 昔からの付合いだからと心配する理沙子。
 だが浩一は「昔のことは捨てたよ」とそっけない。
加藤機関のアルマが再び街を襲う。
 ラインバレルを駆る浩一に、矢島は「浩一が戦う必要なんてない」と呼びかける。
 「好きな子も守れなかった悔しさが分かるか」と反論する浩一。
 好きな子と一緒に守られているだけの悲しさが・・・。
 敵に囲まれて苦戦するラインバレル。
 加藤機関を退かせたのは、JUDAのマキナ、ヴァーダントだった。
 正義の味方ごっこはやめてラインバレルを引き渡せと告げるのは、搭乗者の森次玲二
 全く埋めようのない技量の差。
 森次は容赦なくラインバレルを攻め立てる。
 全くの偶然に力を手にしただけだと森次に向けて叫ぶ矢島。
 力を手にしたのに誰も認めてくれなくて、今も弱くて矢島に守られようとしている。
 浩一は辺りかまわず暴れ始めてしまう・・・。
・見かねた絵美はラインバレルを停止させる。
 「黙って守られてリャいいんだよ」とわめき散らす浩一に、絵美は冷厳と言い放つ。
 「貴方、最低です」と・・・。



〈感想〉
ワカメに鰹節・・・。
出汁でもとるんですか(笑)

まだ発展途上だと分かってるから許せますが、浩一が酷いですね。
これで何の成長もなかったら視聴者がキレますが。
あと何回、「最低」って言われたら気が済むんでしょうね。
とりあえず今回だけで矢島と絵美に言われましたけど。

マキナは搭乗者を選ぶはず・・・ですが。
絵美は認めたけど、浩一はやむを得ず、って感じなんですかねえ。
ラインバレルもかわいそうですね(^^;
昔の悔しさはさておくとしても、今の“正義”は明らかに偽善。
まあ森次が正義かと言えばそれもちょっと?な感じはしますが。

次回はもう正義の味方やーめた、になるのかな。
救いようがなくなるぞ、ほんとに(苦笑)


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1056-a0d9e1b8
【2008/10/18 15:32】
  • 鉄のラインバレル #03『蒼の戦慄』【風庫~カゼクラ~】
    リアルタイムで視聴してたのにレビューが遅れてスンマセン。 今回の鉄のラインバレルは面白かったなぁ!< 主に主人公がボコられるのが(爆)!!は~すっきり。
【2008/10/19 00:44】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。