スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:夜桜四重奏 第2話『キミノナハ』

 2008-10-11
割と面白いかもしれない。
今期の中じゃけっこう好きなOPですし。
〈今回のあらすじ〉
・騒動を起こす要因になった、キョンシーこと東鈴
 罰として、バイトで学費を稼いで学校に行くという条件がつけられる。
 それだけのことでいいのかと呆ける鈴。
 桜真町は妖怪を迫害する町ではないのだった。
 細かなことは秋名に聞けと指示するヒメ。
 だが鈴は、秋名の世話にはなりたくないと言い張る・・・。
・妖怪の魂を送還する“チューニング”ができるのは、比泉家の人間だけ。
 ゆえに秋名は町に必要な存在だと言って聞かせるヒメ。
 妖怪だから“殺す”のも平気なのかと憤る鈴。
 それが容易に解けない誤解であると、秋名はよく分かっていた。
 自分の祖父も同じ境遇にあったから。 
・近隣の住人、学校に通う子供たち。
 すぐそばに人間がいると改めて思い知り、鈴の古傷がうずく。
 昔、人間につけられた傷が。
 ことはは以前、普通の人間として暮らしていた。
 妖怪であることも悪くないと思っていると話すのだが・・・。
・妖力が暴走して、爆発やトラブルを起こす事件が頻発。
 秋名はそうとも知らず、自室で昔を思い返していた。
 妖怪を殺すという一族の“お役目”。
 それを受け入れなければ、守れないものがある・・・。
 町を守るために必要な、誰が咎めることもできないこと。 
 それは分かっていても、秋名自身が自分に罪を感じてしまっていた。
・鈴の妖力も暴走し、近隣を巻き込みかねない事態が発生。
 秋名はチューニングを始めると言う。
 さすがに驚きを隠せないヒメ。
 比泉は妖怪を殺すことを生業としてきた。
 それでも、それを正しいと言ってくれる妖怪がいる。
 鈴の背後で力を操るを見つけた秋名。
 秋名はその影だけをチューニングする。
・妖怪が嫌いな人間が、妖怪を守るために妖怪を殺す。
 そんな矛盾があるわけないと気付き始めた鈴。
 その翌日、比泉事務所に笑顔で出前に来る鈴の姿があった。



〈感想〉
相変わらず強情なキョンシーちゃんですな。
と言っても境遇からすると、そう簡単に納得できないんでしょうが。
確かにアレは酷いですからねえ。

チューニングってのは魂を送還する能力なんですね。
妖怪世界でも魂だけだと“幽霊”扱いなんでしょうか?
送還するだけなら“殺し”じゃないじゃん、とか思ったわけですが。
妖怪といえど肉体がないと生きてるとは言わないんでしょうね。

根底に「偏見」というテーマは常に付きまといそうですね。
妖怪って言ってもみんな可愛いので問題ないと思いますが(笑)
それは冗談としても、要は慣れの問題だと思うんだよなあ・・・。
難しいことではありますけども。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1045-8e3b0016
  • (アニメ感想) 夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~ 第2話 「キミノナハ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    夜桜四重奏-ヨザクラカルテット- 6 発砲事件の犯人に人質として囚われていた鈴は桜真町に来たばかりの妖怪であった。町長であるヒメから町の説明を受け、生活相談事務所に向かう鈴だったが、所長である秋名から距離をとろうとする。人間と共に暮らすことを拒否する鈴の...
【2008/10/12 02:29】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。