スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:ef -a tale of melodies. 第1話『ever』

 2008-10-07
新番組の7個目か8個目か。
今期は何か多いぞ・・・?
〈今回のあらすじ〉
・少年だった火村夕は、同じくらいの年恰好の雨宮優子という少女に出会う。
 以前にも会ったような口ぶりで話す優子。
 優子は今もなお、夕を憎んでいると話す・・・。
・優子は夕の後輩にあたる生徒。
 ただし、優子が一方的に知っているだけでしかなかった。
 10年越しの記憶を取り戻した夕。
 優子はかつて、夕のだった存在。
 「俺にあの時を思い出させるな」と、夕は優子を拒もうとする。
・推薦入試で早々と進学先を決めてしまい、麻生蓮治の家に遊びに来た羽山ミズキ
 ミズキは浜でヴァイオリンの音色を聞いたという。
 隣人の久瀬のことだろうと言うと、ミズキは「紹介して」と興味を示す。
 蓮治は久瀬と関わることに密かに抵抗を感じていた。
・ミズキは麻生家の親戚にあたる。 
 蓮治もその母も所用のため、久瀬はミズキの応対を求められる。
 芸術家だから普通の人と感覚が違うと蓮治は言った。
 気分転換で家具を処分したと聞き、あながち嘘でもないと感じるミズキ。
 ミズキはヴァイオリンの生演奏を聴きたいとせがむ。
 久瀬がを落としたことに、ミズキは全く気付けなかった。
・久瀬の一人称がコロコロ変わると気付いたミズキ。
 音楽家という職業柄、TPO次第で言葉遣いも変えなければならないという。
 仕事に関係のない今なら、と普段どおりの言葉遣いを勧めるミズキ。
 人間関係が多様になって、仮面だったものもいつの間にか本物になると話す久瀬。
 ミズキは「仮面じゃない方が素敵」と久瀬の人柄を褒める。
 その“素顔”でさえ、今の彼には仮面なのか・・・。
  


〈感想〉
さて始まりました続編。
時間軸上、夕・優子の過去編と蓮治まわりの現在編でしょうか?
この先、千尋とか紘が出るかもしれませんが。

蓮治とミズキは親戚でしたか。
1期のときは接点なんかないと思ってたんですけどね。
久瀬は大丈夫なのか・・・?
決して「ゴムより」発言がとかではなく(笑)
蓮治が会いたがらなかったのも、まあ“そういうわけ”なんでしょうね。
作家とか芸術家って自殺が多いと言いますけどねえ(^^;
今すぐにでも・・・みたいな感じがして危ないなあ。

広野凪は紘の姉でしょうか。
1期のときは姉がいるという設定のみ出てきたと思うんですが。
屋上の鍵をくれたとか何とかでしたっけ。
僕っ娘って久々に見た気がするのですが。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1043-52cc7337
  • ef - a tale of melodies. 第1話 「ever」 感想【Shooting Stars☆】
    非常にインパクトのある1話だったかと。前作では1話できられた方も多くいたと思いますが、今回は1話から結構良い出来になっていると思う。 そ...
【2008/10/08 00:32】
【2008/10/09 08:37】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。