スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:機動戦士ガンダム00(第2期) 第1話『天使再臨』

 2008-10-05
今期はコレがメインですね。
〈今回のあらすじ〉
・反政府勢力の撲滅のために組織された治安維持軍アロウズ
 アロウズは反政府組織カタロンの摘発を各所で行っていた。
 ただしその手段は荒く、発砲も躊躇いなく行う過激なもの。
 宇宙で働いていた沙慈は、カタロン内通者の摘発に巻き込まれてしまう。 
・アロウズの弾圧に抵抗する者たちは、密かに同士の救出を計画。
 その現場に居合わせた沙慈は、信じられない光景を目撃してしまう。
 武器を持たない人々に対する、オートマトンによる無差別な虐殺。 
 為す術もなく殺されていく人々の中、沙慈を救ったのは一人の青年。
 たった一人で、争いが消えたはずの世界を見続けてきた刹那だった。
・オートマトンの銃撃をかいくぐりながら、沙慈を連れて逃げる刹那。
 銃を持って戦場を駆ける。
 幼かった頃と何一つ変わらない世界に、刹那は静かな絶望と憤りを抱く。
 コロニーの中に刹那が隠していたもの。
 それは4年前の戦いから満足に修理も出来ていないエクシアだった。 
・4年間という時間の溝は、かつて無敵だったガンダムにさえ劣勢を強いる。
 アロウズのモビルスーツに両腕を断たれ、絶体絶命に陥るエクシア。
 援護に駆けつけたのは、刹那の知らないガンダムだった。 
 強固なGNフィールド、背面に顔を隠し持つ白い機体。 
 そのパイロットはかつての仲間、ティエリアだった。
ソレスタルビーイングがいまだ健在だったと知る刹那。
 沙慈は初めて、刹那がマイスターだったことを知る。
 恋人も姉も奪った存在、ソレスタルビーイングに怒る沙慈。
 沙慈は刹那から銃を奪い、「二人を返してくれ」と悲痛な叫びをぶつける。 
 だが結局、その引き金は引けないまま。
 殺してしまえば刹那たちと同類になると言う沙慈。
 刹那のおかげ救われたことに、沙慈は抵抗を覚えていた。  
 「君は現実を知らなさすぎる」と責めるティエリア。
・カタロンの一員、ライル・ディランディと接触する刹那。
 刹那は彼を、ガンダムマイスター、“ロックオン・ストラトス”として迎える。



〈感想〉
4年たって、変わった人変わらない人いろいろですね。
若い人は顔つきも随分変わってましたけど。
ルイスはイノベータとかの系統になってるんですかねえ。
けっこう改造手術とか受けたんじゃないかなあ・・・。
リボンズはどう出てくるやら。
リボンズつながりで言うと、留美の動きも怪しいですが。
また裏切ってリークしたりとか。
なにぶん前科ありですから(^^;

スメラギさんはやさぐれモード、グラハムは新種コスプレ。
ソーマはアロウズ所属へ(?)、アレルヤは捕虜。
他にも色々いますが、それぞれどう動いていくのか。
もとのロックオンはやはりお亡くなりのようで・・・。
生きてたらご都合主義だろうけど、やっぱりちょっと。
弟も兄とそっくりなんですかねえ。

次回はダブルオー起動ですか。
「ガンダムを駆逐するガンダム」ってのは一体・・・?
GNドライヴがあればみんな“ガンダム”っていう意味でしょうか。
それとも・・・。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1042-7b572dd4
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第1話 「天使再臨」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 6 ソレスタルビーイングと、国連軍との最終決戦から4年。地球連邦政府を樹立した人類は、さらなる国家の統合、人類の意思統一を目指すべく、連邦正規軍とは別に、独立治安維持部隊『アロウズ』を組織する。しかし、その実態は、統一に名をかりた反?...
【2008/10/08 01:24】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。