スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話『ラグナレクの接続』

 2008-08-31
すごいんだけど何か小難しいなあ(汗)
〈今回のあらすじ〉
・気を失っていたスザクと合流することになったC.C.とマリアンヌ。
 一方、ルルーシュは皇帝と対峙していた。
 ペルソナという“偽り”なくして人は存在し得ないと言うルルーシュ。
 対して、皇帝は“ラグナレクの接続”を果たすことで偽りをなくそうとしていた。
Cの世界とは人の記憶、集合無意識、大いなる意思、あるいは神だという。
 スザクに対しそう説明するC.C.を横に、マリアンヌはアーニャの身体を離れるという。
 向かう先は、皇帝のいるアーカーシャの剣。
・アーカーシャの剣の中では本来の姿を取り戻せると言うマリアンヌ。
 驚愕するルルーシュに、皇帝はこれまでの経緯を語る。
 皇位継承のための暗殺が相次ぐ中で、皇帝とV.V.は世界の変革を願った。
 そこにマリアンヌとC.C.が加わったが、変化が起きたのは8年前。
 マリアンヌと、つまり他者との理解に望みを見出し始めた皇帝にV.V.は焦った。
 計画を中断させないため、V.V.はマリアンヌを殺害
 マリアンヌは偶然居合わせたアーニャへと意識を憑依させていた。
 それが彼女のギアスであり、V.V.の目を眩ませることにもなった。
 嘘のない世界を目指したのに、V.V.はマリアンヌ殺害のことを隠していた。
 それが皇帝の失望を買っていたという。
・ルルーシュとナナリーを日本に送ったのは、V.V.に狙われないため
 再び意識を宿らせる望みのため、マリアンヌの遺体も隠蔽していた。
 全てを守るためだったと語る皇帝。
 ナナリーの目は心的外傷ではなく、真実から遠ざけるために塞がれた
 不老不死のコードはV.V.のものとC.C.のものの二つが必要。
 計画にいまひとつ乗り気でないC.C.をおびき出すため、ルルーシュは利用されていた。
 ブリタニアと黒の騎士団という構図を描くとして。
・C.C.と共にアーカーシャの剣に入り込んだスザク。
 彼らの前で、皇帝の計画が実行に移されていく。
 守りたいもの全てのために戦ってきたルルーシュ。
 故に、スザクとも意思を通じ合わせ皇帝の計画を否定する。
 嘘は戦いのためだけでなく、何かを求めるからこそ存在する。
 “ありのまま”とは変化もなく、生きているとは呼べない世界。
 明確なのは、ルルーシュとナナリーを日本へ捨てたということ。
 善意のつもりでも、日本とブリタニアの戦いを止めなかったのがその証。
 自分に優しい世界と、他者に優しい世界は違う・・・。
・ギアスは皇帝には通じない。
 ならばこそ、そこに居合わせた“もう一人”に、ルルーシュは願う。
 人類そのもの、集合無意識へと「時の歩みを止めないでくれ」と。 
 集合無意識はルルーシュを受け入れ、皇帝とマリアンヌを否定する。
 C.C.はすでに、結局自分しか見ていない二人に見切りをつけていた。
 ナナリーの笑顔の意味も知らなかった両親。
 視力もなく歩けない故に、せめて感謝を伝えようという意味があった。
 そんな現実も知らず、に成り代わろうとしていた両親を嘆くルルーシュ。
 皇帝を否定すれば、次に待つのはシュナイゼルの世界。
 そんな脅しにも屈せず、ルルーシュは皇帝を否定し、彼をCの世界へと葬り去る。
・それから1ヵ月後、皇帝によるメッセージとして全世界に中継が行われる。
 だが、そこに現れたのは第99代皇帝を名乗るルルーシュだった。
 シャルル・ジ・ブリタニアを殺し、次代の皇帝となったと宣言するルルーシュ。
 彼を守るのは、ラウンズを超える“ナイトオブゼロ”の称号を得たスザク。
 「我を認めよ」のギアスと共に、王宮は大喝采に包まれる。
・ブリタニアという国さえ譲ってもいいと笑みをこぼすシュナイゼル。
 「問題はその先にある」と語る彼の意図とは・・・。



〈感想〉
理屈で考えるといいろと分からないことが・・・。
そもそもラグナレクが成功したらどうなるのかとか。
だから否定するのが正しいのかも判断できないという・・・。
とりあえず、目的のためなら手段が何でもありだったのは確か。
ブリタニア対日本という争いは二度も起きたわけですし。
ルルーシュとナナリーはまさしく捨てられたも同然だったわけで。
マリアンヌも肖像画とは随分イメージ違うキャラだったなあ。
ものっそい自己中っぽいキャラに見えたのは気のせい?

まあV.V.が事態を悪化させたのも事実だったようで。
アレがなければ、皇帝の計画もなくなったかも(^^;
戦争になればC.C.が出てくるだろうというのはよく分かりませんでしたが。

まあともあれ皇帝になってしまったルルーシュ。
それが善意の押し付けにならないとも言えないでしょうね。
シュナイゼルもまだ引退しないようですし(笑)
とりあえず「ルルーシュが皇帝」はなんか違和感ありありですね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1020-0aa703fe
【2008/08/31 23:16】
  • (アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレクの接続」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動?...
【2008/09/01 04:33】
  • コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN21「ラグナレクの接続」【MAGI☆の日記】
    コードギアス反逆のルルーシュR2の第21話を見ました。TURN21 ラグナレクの接続C.C.とアーニャは気を失っていたスザクを発見した。「今はマリアンヌ、ルルーシュとナナリーのお母さんよ」黒の騎士団として、扇は動き、ゼロはもう生きてちゃいけないと考えをもっていた。「...
【2008/09/01 21:53】
【2008/09/03 07:55】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。