スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:コードギアス 反逆のルルーシュR2 第20話『皇帝失格』

 2008-08-24
マリアンヌは意外と(?)元気っ子みたいですね。
〈今回のあらすじ〉
・意識に変調をきたすアーニャ。
 アーニャの意識はマリアンヌにすり替わり、旧知の仲のC.C.に声をかける。
 C.C.の意識の奥底に眠る、“本来の”C.C.に接触するマリアンヌ。
 死を願ったはずだったが、自分でもよく分からなくなったとC.C.は言う。
 なら現実で確かめるしかないと、マリアンヌは半ば強引に方針を決めてしまう。
・ルルーシュを見限った今、“ゼロの戦死”を公表しようと言うディートハルト。
 仮にルルーシュが見つかっても、彼をゼロと認める者はいない。
 “ゼロ”という記号を信じるものがいないのなら。
 黒の騎士団はブリタニアと停戦、ゼロは戦死したと報道される。
 扇たちは、ルルーシュに対する信頼を完全に失っていた。
・ロイドにナイトオブセブンの権限で出撃準備を整えろと指示するスザク。
 一方、シュナイゼルはフレイアによる功績を行方不明のギルフォードに与える予定でいた。
 「あれは自分がナイトオブワンになるための功績」とスザクは主張する。
 自ら皇帝となることで、スザクをナイトオブワンに任命しようと言うシュナイゼル。  
 皇帝は内政を怠ってギアス研究に没頭した。
 それを以て、シュナイゼルは静かにクーデターを企てる。
 その上で、スザクは皇帝暗殺を命じてほしいと願い出る。
 罪と知ってなお、目指す結果のみを優先して。
 シュナイゼルにもスザクにも反感を抱くジノ。
 人は何かに支配されたいという欲求を持っているとシュナイゼルは説く。
 ブリタニア皇帝とは、その権威の象徴だと。
・王の責務の放棄、ギアスに手を染めて悲劇を食い止めなかったこと。
 それを理由に、スザクは神根島にいた皇帝に斬りかかる。
 それを食い止めたのはナイトオブワン
 「規範なき強さはただの暴力」とスザクの反乱を責める。
・事前にギアスで伏兵を作っておき、神根島に入り込むルルーシュ
 皇帝殺害は自分の背負う十字架だと、ルルーシュを止めようとする。
 が、地盤の崩落で地下に落ちてしまう。
・C.C.と共に神根島に降りたマリアンヌ。
 彼女らもまた、戦列には加わらず自らの目的のために動いていた。
・出入り口を爆破し、皇帝をアーカーシャの剣から出られなくしたルルーシュ。 
 彼を道連れに、ルルーシュは永遠の懺悔に向かう。



〈感想〉
何の説明もなくマリアンヌになってしまったアーニャですが。
彼女もギアス持ちだそうですが、何の能力だったんでしょうね。
他人に意識を憑依させるとか?
一応、暗殺されることは分かってて被害に遭ったようですし。
アーニャに憑依しといて、今まで隠密行動でもしてたのかな?

フレイアって功績になるのか?
黒の騎士団は解体するでしょうが、ブリタニア国民もたくさん被害にあったろうに。
それはともかく、権力を得て平定しようという考えなんでしょうね、スザクは。
そもそもブリタニアという体制が戦争の鍵になってると思いますけど(^^;
皇帝よりむしろシュナイゼルの方こそ倒すべきなんじゃなかろうか。
スザクは「ルルーシュとナナリーの悲劇も込めて」と言ってましたね。
それを知ってて、何でルルーシュを売り払ったんだよ・・・。
ルルーシュより戦争のない世界のほうが優先順位が上だったから?
まあブリタニア側につく限り、それは実現しないと思うのですが。

ナイトオブワンは何で皇帝サイドにいるんでしょうね。
皇帝はもうギアス持ちじゃないから、操られてるわけでもないだろうし。
(そもそも、能力者だった頃にかけたギアスはコードを継ぐと消えるのか?)
「規範なき強さは・・・」とか言う人間が皇帝側に行く理由もないんじゃ・・・。

1期ラストと同じように、2期も神根島遺跡が最期の場所になるかな?
スザク、C.C.、マリアンヌも来るでしょうし。
まとめる方向性は未だに見えませんがね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1017-ce1e4ec5
【2008/08/24 22:12】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。