スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:とある魔術の禁書目録 第2話『魔女狩りの王(イノケンティウス)』

 2008-10-12
魔術とは「棚ぼた」を願うことらしいです(笑)
〈今回のあらすじ〉
・家の前で血まみれになって倒れていたインデックス。
 痛めつけるつもりはなかったと、後からやってきた魔術師を名乗るは言う。
 自分が正義だと言えるのかと抗議する当麻。
 それには取り合わず、男はインデックスの持つ魔道書が目当てだと語る。
 魔道書を持っているのではなく、各所に封印されたものを見て一字違わず記憶する。
 それがインデックスの能力だという。
・炎を意のままに操る目の前の魔術師、ステイル=マグヌス
 魔術という存在に困惑する当麻だが、その右手はそれすら無効化してみせる。
 手を抜けないと理解したステイルは、“魔女狩りの王イノケンティウス”を呼び出す。
 その意味はまさしく“必殺”。
 無効化しても即座に修復されるイノケンティウス。
 それは周囲に刻まれたルーンの効果だとインデックスは説明する。
 ただしその口調は当麻が見た少女らしさの残るものではなく。
 対処法は分かってもルーンを消せない以上、当麻は逃げることを考えてしまう。
・インデックスを助けるため、当麻は妙案を思いつく。
 それはルーンを描いて貼られた無数のを、スプリンクラーでダメにしてしまうこと。
 紙は完全に破れずとも、インクは滲んで薄れてしまう。
 インデックスは「地獄の底までついてきてくれる?」と聞いた。
 一緒に地獄へ行くのが嫌なら、彼女を地獄から助けるしかない・・・。
・インデックスの魔道書知識の中には、治癒の情報も含まれてはいる。
 才能のない人間が、才能ある人間に届きたいと願って生んだのが魔術。
 ゆえに能力開発を教育に組み込んでいる当麻たちには、絶対に魔術は使えない。
 なら開発教育を一切受けていない人間に頼めばいい。
 そう考えて、当麻はインデックスを連れて担任の家に押しかける。
 生命力が低下し、インデックスの知識が自己防衛として自動的に発動。 
 当麻がいると魔術が打ち消されるため、近くにいない方がいいと言われてしまう。
 無力感に打ちひしがれて、当麻はただインデックスから離れようと走り出す。 



〈感想〉
巻き込みたくないなら戻ってこないだろう・・・。
魔術なんて信じないわりに「あんたら魔術師なんて理解できない」とか。
このセリフは“魔術師がいる”って前から知ってないと出ない言葉だろうに。
しかもその相手が必ず正義とは限らないわけで。 
例えば小児性犯罪者に「こんな小さな女の子を・・・」とか言って通じると思うのかな。
・・・いろいろ考えてたらおかしな気がしてきましたよ(^^;

超能力以外の異能なんて知らないといいますが、じゃあその右手は何だと。
科学で解明された超能力は異能じゃないのか。
視聴者からしたら超能力も異能なんだけどな。
だからこそ“超”能力なわけだし。

ルーンの紙はイノケンティウスの炎で燃えたりしないんですかね。
さすがに自分の炎で燃えるようなヘマはしてなかったのか。
火の対策はしても水対策はしてなかったということでしょうか。
即興だったからか知りませんけど、コピー用紙ってのはやはり間抜けと言うか。
当麻の機転のよさを描くには絶好だったかもしれませんが。
ステイルの噛ませ犬っぷりは逆に引き立ってしまったかな(笑)

超能力と魔術の云々は全く意味不明でした。
力のないものが願って生むのが魔術。
なら当麻だって無能力なのに。
一度でも力を掘り起こそうとしたらダメってことですかねえ。
魔術はどうやって発動してるんだろ。お祈り?
・・・なんか理屈が適当すぎる気がするのは気のせい?

というわけで、ちょっと疲れました(汗)
探さなくても粗が目立つので断念しようかと。
今期は放送本数が多いんで、そのせいもあるかとは思うのですが。


スポンサーサイト
コメント
色々な感想サイト見てますがシンプルで良いですね。今期は禁書と00に注目しているのですが、設定が細かすぎて説明しても仕切れないって印象ですね。原作読まないと完全には理解できないかも。インデックスが帰っていたのは帽子(フード)を忘れたからで、アレにはとうまが触れていないのでまだ魔力が残っているのです。魔術師は魔術を帯びたものを探し当てられるので、それがとうまの部屋にあれば、探しにやってきた魔術師にとうまが捕まって居場所を教えるよう拷問にあうとか考えたのかもしれません。一応インデックスを殺さないで保護しにきた魔術師なのですが、悪役にしか見えませんw この世界では超能力とは科学によって開発出来るものという設定なので、超能力の学校があり、学問として学んでいるという設定ですが、ほとんど説明がありません。正直、細かい事を無視して楽しむか、原作を買ってくれ。ということでしょう。私は原作を買ってファンになりましたが、なかなか普通はそこまでしませんよね。継続視聴しないという事なので、もうここにはこないかもしれませんが(今期は禁書のファンサイトしか巡らないので)、来期に来るかもしれません。その時はよろしくお願いします。
【2008/10/13 11:47】 | ジェイ #MaL5NL3k | [edit]
ジェイさま、コメントありがとうございます。

うちのサイトはシンプルすぎて芸がないなあ、とは自分でも良く思うのですが、お褒めいただいて光栄です(^^;

で、インデックスが戻ってきたのは分かるんですよ。
ただ「まさか俺を巻き込みたくなくて・・・?」っていう当麻の反応が「?」だったというわけで。

今期は他にも見たいのがあるんで、禁書目録にまわす余裕がないと言いますか(汗)
そんなわけなので機会があればまた遊びに来てくださいませ。

【2008/10/13 21:14】 | 会中正康 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1049-cce81278
【2008/10/12 15:03】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。